温める成分

お茶を入れる

一般的にお茶には発酵させたものと発酵させていないものがあり、発酵させたお茶は冷え性に効果的だと言われています。発酵させたものには、紅茶やウーロン茶、プーアール茶などがあり、これらは冷え性を改善することができます。また韓国のお茶で、かりん茶と呼ばれるはちみつとかりんのスライスが入っているものも、冷え性に効果的です。かりんに含まれているかりんポリフェノールが身体を温めると言われています。さらに韓国のゆず茶には血液の循環を促す作用があるため冷え性に効果的で、生姜茶にも発汗作用があり身体を温める効果があります。この他にもヨモギ茶や漢方でよく使われているクコの実から作られたクコ茶でも、冷え性を改善することができます。

冷え性に効果があるお茶としては、かりん茶やゆず茶、生姜茶といった韓国の伝統茶が挙げられます。これらのお茶はスライスされてからハチミツなどと一緒に混ぜ合わせて、ジャムのように瓶詰めされて販売されています。飲み方は簡単で適量をスプーンですくってカップに入れ、お湯を注ぎ入れてから混ぜるだけです。これらのお茶は韓国食材店などで取り扱われています。韓国食材店にはオンラインショップもあり、近くに韓国食材を取り扱っている実店舗がないという人にはオンラインショップの利用がおすすめです。また紅茶やウーロン茶、プーアール茶などはスーパーで取り扱われていることが多く、手軽に購入できるはずです。これらのお茶を利用して冷え性を改善したいものです。