EPAの働き

生姜とレモン

EPAとは魚等に含まれている成分の一種です。特にアジやイワシ等といった、青魚に多く含まれています。EPAとは略称で、正式名称はエイコサペンタエン酸と言います。 このEPAは、人間の健康にとって良い効果がある事で注目を浴びています。主な効果としては、血液をサラサラにする、血管をしなやかにする、持久力を向上させる等があります。これらの効果は、EPAのコレステロール値を低下させる作用によるものです。 EPAは必須脂肪酸に分類される成分です。脂肪酸と聞くと、体に悪いものというイメージを持つ人も少なくないです。しかし人間が生きていくためには、適度な脂肪酸は必要不可欠なのです。EPAは脂肪酸の中でも、多価不飽和脂肪酸と呼ばれるものです。この脂肪酸はコレステロール値を下げて、体調を整える等の働きをしています。

EPAは人間にとって大切な成分ですが、体内で作り出す事が出来ないという特徴があります。そのため、体外から補う必要があるのです。 代表的な摂取方法としては、食材で摂取するという方法があります。前述したように、この成分は青魚に多く含まれています。なので、アジ等を普段の食事メニューに取り入れれば良いのです。 しかし、中には青魚が苦手な人や、普段の食事は外食が多いという人もいます。こうなると、食事だけで必要量を補うのは難しくなります。そこでおすすめなのが、サプリメントで摂取するという方法です。 サプリメントならば味を気にする事もないですし、外食が多くても大丈夫です。また、サプリメントは成分が凝縮されている物なので、効率的に摂取する事が可能になります。 それ以外にも現在は、こうしたサプリメントは通信販売でも購入出来るので、続けやすいというメリットもあります。